Thursday, February 2, 2017

chibi:bitを触ってみた (2) 実機に転送してみた


chibi:bitで動作させてみましょう。


まずは、Compileする

※ 前回の作成したプログラムをそのまま利用します。




1) compileボタンを押す。

microbit.hex ファイルが生成されます。


Chibi:bitに転送する



裏側を見てみると、micro usbを利用できる事がわかります。
※ 真ん中

2) USBケーブルで、PCとchibi:bitを繋いでください。


2->) Macの場合だと、FIndアプリを開くと、CHIBIBITデバイスが追加されます。


3) ここに、xxx.hex ファイルを置くと、作成したプログラムが、chibi:bitにインストールされます。

動作させてみる


4) 転送が終わったら、リセットボタンを押すと、作成したコードが動作します。


LEDが点灯しました!!




補足 : Windowsの場合について

File Explorerから、Macと同じような感じで、表示されます。


chibi:bitを触ってみた

chibi:bitを手に入れてみた。

chibi:bitは、BBC(英国放送協会)が主体となって作っている教育向けマイコンボードBBC micro:bit(https://www.microbit.org/)の互換機です。(https://www.switch-science.com/catalog/2900/)

About

(https://www.microbit.org/about/)

こんな形のマイコンです。
すぐにみて取れるのは、A、Bボタンがついていて、25個のLEDがついています。
他にも、加速度センサ、磁力センサー、BLEモジュールなどが使えます。


LEDを点灯させるプログラム

プログラムを書く環境は、Web上に用意されています。https://www.microbit.org/code/
にあります。
Microsoft Block Editor (https://www.microbit.co.uk/app/)を 利用してみます。

1) (https://www.microbit.co.uk/app/)を開く




2) CreateCode 



3) Block Editorを選択


Scratchのような画面が出てきました。

4) Basicをクリック


5) show ledsをドラッグ&ドロップしてみましょう。



6) 点灯させたいLEDにチェックをいれてみましょう。


7) run ボタンを押すと、点灯します。


次回は実機で、点灯させてみます。

Reference


第1回 micro:bitを手に入れました【スイッチサイエンスチャンネル】https://www.youtube.com/watch?v=xAq5YhEsanM&feature=youtu.be

第2回 BBC micro:bitブロックエディタはすごい!
https://www.youtube.com/watch?v=pbr8l6cv_z8&feature=youtu.be

特報!micro:bit互換機を作りました【スイッチサイエンスチャンネル】https://www.youtube.com/watch?v=RGcMIJI700Q&feature=youtu.be

第3回 BBC micro:bitブロックエディタをつかってみた
https://youtu.be/r3UFW3i2qwE